映画が私に教えてくれたこと

感想をつらつらと綴ります。

勝手に

Amazon primeに入会してた私です。こっちもぬるっと更新してます。たまたま覗いたら更新してなさ過ぎて変な広告出てて、あぁ~更新しなきゃなぁと。アマプラですが、何なんでしょうか。CD購入する時に既に勝手にお試し期間の会員になってたんですよね。どっか手違いで押したんでしょうか。よく夜中寝惚けたままAmazonうろちょろしてるからなぁ。それかなぁ。まぁー、いっか。アマプラ全く興味無くてすぐ解除手続きしたんですが、なんせ今月いっぱいお試し期間だという事で折角だから有効活用しようと思いまして映画を一本観たんですが、めちゃくちゃいいですね。パソコンで観てるんですが、寝転がったまま観れる。楽ー。テレビは起きて結構腰に負担掛かったりするのでうつ伏せで寝転がった体勢で観るの最高。普段からうつ伏せでパソコン作業してるズボラーなので。んでもって見放題のラインナップに誘惑されまくりで解除申請したもののまた入り直そうか本気で悩んでます。年間会員も視野に入れております。今まではTSUTAYAの80円レンタルだったんですが、そのアナログな感じが好きでずっとそのスタイルで映画鑑賞してたんですけどね。サブスクもいいけど、昔は誰でもわざわざレンタルショップに足運んで借りて観てたもの。お目当てのを求めて行ってレンタル中だと「せっかく来たのにー!」て凹み、あるとテンション上がりとそういうのもレンタルショップの楽しみの一つだったんですが、いざこうやって便利なものに足を踏み入れちゃうと、まんまとハマっちゃうというね。やっぱり便利なものはいいっていう結論です。わたくしふらふらしております。さぁー、今月いっぱい取り敢えず会員生活楽しみますか。多分絶対会員なりそうですが…。

今更ながらですが

あけましておめでとうございます。だいーぶ遅くなりました。今年も緩くのんびりやっていきます。飽き性な私なのでコンスタントに更新は出来ないんですが、気分が上がってる時はバーっと更新するのでその際はチラ見していただけると嬉しいです。昨年は読者さんと少し会話したりして楽しかったです。今年もマイペースにいきます。

これで3回目

f:id:life-positive:201912=

マイ・プレシャス・リスト 2018.10.20 日本公開 出典 

あらすじ

ハーバード大学飛び級で卒業した19歳のキャリー。秀才なのに友達も仕事も持たず、読書ばかりしてるコミュ力ゼロの彼女が、セラピストから渡されたリスト・6つの課題を半信半疑ながらやり続け自分を見出すストーリー。

リストが絡む作品好きだな~、私。これで3回目だ。別に気にしながら観てる訳じゃないんですけどね。たまたま観たらって感じです。この作品も観に行きたかった映画Part.3ですね。なぜ観に行きたかったかというと、チラシにも載ってるんですが制作スタッフが大好きな作品『マイ・インターン』。もうこれだけで勝手に間違いないと確信した私です。それに主演がベル・パウリー。以前『ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出』*1という作品を観たんですが、そのエリザベス女王の妹役だった女優さん。そういう事も相俟って期待度が高かった作品。んーでもなんだろう、この作品コミュ力ゼロの女性の物語ですけど、主人公がまず世の中を馬鹿にしてるから本当に人見知りだったりする人には全然参考にはならないかも。でも何事にも否定的な彼女の人生をどうにか変えてあげたいと思いかかりつけのセラピストが考えたリスト。今まで観てきたリストを扱う作品とは違って幸せになるための自分を成長させるためのリスト。でも結構単純なんですよ、そのリスト。簡単に出来ちゃう事ばかりで私が好きなのは二つ目の『子供の頃好きだったことをする』っていう項目。なんかそういう何気ないことだったりしますが、懐かしいことを体験させて子供の頃のウキウキ感とか取り戻して欲しかったのかな。一つ目の『ペットを飼う』っていうのもキャリーは上のチラシにも写ってる金魚を飼ってたんですが、生き物の大切さを知るための大事な事だったりで単純ですぐ達成出来ちゃうんだけど、ちゃんと人としての感情を取り戻せるリストになってるなと感じました。なんせ主人公のキャリーは人との接触を避けてた人間なので。そして彼女は嘘が付けない真っ直ぐタイプ。まぁー、わかりはするんですよ。でも世の中合わせなきゃいけない時もあったりする訳じゃないですか、納得いかなくても。それが大人というか。その必要性もリストをやる事で学んでいくキャリー。そんなキャリー、恋愛の方も後ろ向きです。過去の恋愛から臆病になってたんですが、なんと三つ目の項目が『デートに出かける』。このリストもですねぇ~、一筋縄ではいかないんですけど、様々な局面を得て自分と向き合うキャリーは確実に変化が見られました。やっぱり人と触れ合う事はいい事なんだなぁ。良くも悪くも学んで成長する。

 

登場人物&キャスト

  • キャリー・ピルビー(ベル・パウリー):飛び級ハーバード大学卒でIQ185のコミュ力ゼロのこの物語の主人公。
  • キャリーの父親(ガブリエル・バーン):キャリーとは喧嘩ばかりだけど、娘が一番大事。
  •  ペトロフ医師(ネイサン・レイン):セラピストで唯一キャリーの理解者。
  • タラ(バネッサ・ベイヤー):キャリーが勤め始めた法律事務所の同僚。元彼の事が忘れきれない。
  • ハリソン教授(コリン・オドナヒュー):大学時代に付き合ってた人。
  • マット(ジェイソン・リッター):リスト達成のためだけにデートした相手。
  • サイ(ウィリアム・モーズリー):隣に住む演奏家。出会いは最悪。

 

スタッフ、その他

  • 監督:スーザン・ジョンソン
  • 脚本:カーラ・ホールデン
  • 原作:Carrie Pilby
  • 原作者:カレン・リスナー
  • 上映時間:98分 配給:松竹
 
 

 

*1:

続きを読む

ちょっとブレイクタイム

さっきまでですね、読者さんオススメのSF映画を観てたんですよ。土曜プレミアムを録画してたのですが。今話題の続編映画の2です。字幕で観た方がやっぱりいいのかなぁと思い音声と字幕を設定して観たんですが、まぁー如何せんテレビの翻訳なので字幕のスピードも速く追いかけるのに必死で今ヘトヘトです。。映像を大いに楽しむ映画なのに全くダメな私です。あぁ~やっちまった。でもストーリーはばっちり理解しました。なので今度は吹替で観て映像も物語も大いに楽しもうと思います。

戦利品

f:id:life-positive:20191125030530j:plain

戦利品

この前映画観に行った時の戦利品です。いろいろ写ってますが一番気になってるのは左上の作品だったりします。ラストクリスマス。ワムの名曲・ラストクリスマスの世界観から出来た作品らしいので観に行きたいですね。というか、クリスマス映画が好き。これからの季節からか無性に観たくなります。今年も映画館だったりDVDだったり網羅してたくさん観たいです。アナ雪2は人気なんでもういろいろ説明いらないですよね。ただ、前売り券買ってたら店員さんが“前売り券めちゃくちゃ売れたんで観る場合は事前の予約席で観るのがオススメです”との事です。午前0時、キスしに来てよはこれは母が片寄くんファンなんですよね。なんで、決して私が片寄くんファンじゃありませんよ!って言うための橋本環奈ちゃんを表にした特典のクリアファイル。もちろん裏は片寄くんが映ってます。こちらの映画は断然母が観たい作品で私は付き合いで行きます。いやぁ~、この歳・アラサーになると中々学園もの観に行きづらいんですよね。それに今はアラサーだけど数ヶ月したらアラフォー仲間入りだし。そんな事はどうでもいいんですけど、学園ものって基本学生が観るイメージ。実際に行くと学生さんがほぼほぼ観てますし。ただその作品に有名な女優や俳優が特別出演などしてたら、ちらほら私世代~母世代の方も見かけたりするなぁ~。私調べだと。でも基本はやっぱりJKJCJS、今風に言うと。て、こんな事言ってるのがちとダサい、私。でもこんな事言いながらも去年考えると4本くらい観に行ってます。よく行ったなー。気にし過ぎかもですけど、どう観ても作品と見た目のジェネレーションギャップを感じてしまうので周りの目も多少気にしちゃうんですよね。そんな中、去年4本も観に行ってちょっと学びました、ダメージ少なく行く方法。アラサーが心地よく学園ものを鑑賞する方法。あ、これいつか綴ろうかな。いくつかルールがあるんですよ、心地よく楽しむための。なんせ学生に混ざって観ますからね。ま、兎にも角にもアナ雪含めこれから公開の映画楽しみでーす。

隠れた主役は…

f:id:life-positive:20191119180654j:plain

TOHOシネマズ長崎 2019.11.19 鑑賞

あらすじ

余命宣告を受けた専業主婦と女社長の旅の記録

 

またまた駆け込みムービー。この作品、本家知らないんですよね。知らずに観た方が楽しめるかなって思って。こういったリメイク版で本家を知らない場合は観た後に鑑賞します。違いを楽しみたい。吉永小百合さんの作品は映画にハマりだしてから公開されたのほぼほぼ観に行ってるんですが、相手役の人初めて違和感なく観れた気がします。それまでは仲村トオルさんや阿部寛さん等、ちょっと年齢離れすぎてない?て夫婦役とか恋仲の役では観てて違和感を感じてたんですよ。なんか禁断の愛みたいに見えちゃって。それが今回は前川清さん。違和感なくスッと物語に馴染んでました。以前にもこういった死と向き合う作品*1を綴りまして死ぬまでにやりたい事リストってとこが共通してるとこなんですが、こちらの作品は入院していた病院でひとりの少女が作ったリストを偶然手に入れて動いてます。そのリストを全制覇しようと。でも、そもそも自分じゃない人が作ったリストで楽しいのか?って思ったんですが実際作成しようとしたら中々思い付かないのかなぁ。きちんと病気を受け止めて気持ちの整理がついてからじゃないと無理なのかも。でもこの作品は人が作ったリストですが、一つ一つ達成する度にめちゃくちゃ楽しそう。しかもいろんなとこに行ってるので、綺麗な景色もスクリーンで楽しめました。でも景色で残念だったのが、私の地元長崎の景色。あの結婚式会場、夜はとても素敵な夜景が見れるのになぁって。近くに稲佐山*2があって、そこから見る夜景は新・世界三大夜景にも選ばれたりしたので夜景を使って欲しかったなぁ。それに撮影中ちょうどランタン祭り*3があってたみたいなので、ランタンの綺麗な景色も使えたのにー!て後でパンフレット見て思いました。でもあれですね。本編観てると、世の中お金があるからといって満たされる訳じゃないですよね。もちろん何でも不自由なく買いたいもの買うのは欲は満たされますけど。逆に普通の暮らしをしてる方が人間らしく生きれてる気がします。天海祐希さん演じる女社長は吉永小百合さん演じるいたってごく普通の主婦と出会い一緒に旅をする事で、本当の日々の楽しさを知ったんじゃないかな。そしてこの作品の隠れた主役は私的にムロツヨシかなって思いました。コメディ要素たっぷりのシーンは勿論、特に最後の吉永小百合さんとのシーンはほんと涙ものです。ムロさんの繊細な演技が凄く印象に残りました。

 

登場人物&キャスト

北原幸枝(吉永小百合)…人生を家庭に捧げてきた主婦

剛田マ子(天海祐希)…人生を仕事に捧げてきた女社長

高田学(ムロツヨシ)…マ子の秘書

北原孝道(前川清)…幸枝の夫

北原美香・若き日の幸枝(満島ひかり)…幸枝の長女

三木輝男(賀来賢人)…マ子の夫

神崎真梨恵(鈴木梨央)…幸枝・マ子にやりたいことリストを残す少女

北原一慶(駒木根隆介)…幸枝の長男

 

監督・脚本犬童一心 公開日:2019年10月11日

配給ワーナー・ブラザーズ映画 上映時間:115分

主題歌竹内まりや『旅のつづき』

 

*1:

no-cinema-no-life.hatenadiary.com

*2:福山雅治さんのご実家もこの付近。

*3:中国の旧正月を祝うお祭り。

初めての三谷ワールド

f:id:life-positive:20191118145454j:plain

ユナイテッドシネマ長崎 2019.11.18 鑑賞

あらすじ

記憶喪失になった総理大臣のそれまでとそれからの物語

駆け込みムービーです。今週で終わっちゃうので。自分でもびっくりしたんですが三谷作品初でした。テレビでたくさん観てたせいか映画館でも観てる気分でした。そしてテレビで観過ぎてるせいか三谷ワールド全開を期待してたんですが、政治のお話なのでちょっと抑え目な気がしました。政治に対して日頃無な私ですが三谷幸喜さんの作品でしたので興味が湧いたんですよね。しかもタイトルが斬新!政治家が使う便利な言葉っていうイメージ。でもこのタイトル、こちらの作品では全然意味が違ってきます。記憶を無くした事によって自分と向き合い見つめ直す。最初タイトル観ただけでめちゃくちゃ笑って、さっすが三谷幸喜って思ったんだけど実際本編観ると真面目。いや、笑える要素はたくさんあるんですよ。数々の不祥事を認める会見ではほんと笑いましたし。あれだけあっさり認められると笑って許せちゃう。逆に支持率上がると思うんですが。人って曲げれない部分とか頑固な部分とかありますけど、そういう事も含めて全てスコーンと忘れるとどうなっちゃうんだろう。全てをゼロにした時の感情が本当の自分なのかもしれないですね。

 

登場人物&キャスト

 

脚本と監督三谷幸喜 配給東宝

上映時間:127分 公開:2019年9月13日